HOME > 借金苦でうつ病になったら、どうしたらいいの?

借金苦でうつ病になったら、どうしたらいいの?

部屋で一人ぼっちの男性

作成

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション

借金苦でうつ病に陥ってしまった場合、どうしたらよいか分からずに困り果ててしまう人も珍しくありません。

うつ病は、環境のストレスが引き金となる場合がある言われています。(参考:厚生労働省みんなのメンタルヘルス「うつ病の原因・発症の要因」)借金返済のプレッシャーが大きかったり、節約生活で息が詰まる思いをしていたり、きちんと返済できるだろうかという不安で慢性的なストレスを抱えていたりすると、うつ病になってしまうことがあります。

借金返済を軽くする手続き

健康な状態であっても借金は辛いもの。うつ病が重なると、どうしたらよいかと考えることも正常にはできないのではないでしょうか。お辛いですよね。

一時的な「うつ」という気分の落ち込みで、少し発散をすれば症状がなくなるようであれば、たまには息抜きをしてみることが効果的な場合もあります。でも、症状が辛かったり長続きしているなら、早めに、借金返済を軽くする手続きを進めましょう。

うつ病になると、死んでしまいたい気持ちになることがありますが、長くて色々なことがある人生、たかが借金で命を落とすのはもったいないです。そんなことをする必要は、まったくありません。

手続きの種類

借金返済は、利子を含めてコツコツと返済する方法のほかに、「もうだめだっ!」と思った時にできる債務整理という方法があります。

債務整理には、任意整理・特定調停・民事再生・過払金の返還・自己破産の5種類があります。どの方法がベストであるかは、借り入れの状況によって決まりますので、法律の専門家と相談して、一緒に進めてもらうことが一般的です。

どの方法も、利子をカットしたり、返済額を減額したり、借金を帳消しにしたりする合法な制度です。

今後借金をしないように、反省する点はあるかもしれませんが、苦しいときは助けを求めればいいだけです。

債務整理と聞くと、専門用語で、よくわからなくて、知らない人はびっくりするかもしれませんが、普通に、困ったときに利用すべき制度です。

債務整理によって、助かっている人はたくさんいますし、助けてくれる専門家もたくさんいます。

債務整理の仕組み

うつ病の症状として、誰とも話したくない。誰も信じられない。という気持ちになることもあります。

そんな時に、債務整理なんてきくと、「騙されないぞ」と身構える気持ちもあるかもしれません。

当然ですが、弁護士などの専門家が債務整理の手続きをしてくれるのですから、無料でやってくれるわけではありません。

しかし、借金でお金に困っている人に大金を要求しても無理なことは、誰にでもわかります。

債務整理は、法律で認められている、合法な借金問題解決の手段の一つなので、そのあたりは、ちゃんと成り立つように考えられています。

大まかな構造でいうと、消費者金融などに返済するはずのお金が減って、その一部分が、弁護士の報酬になるのです。

なので、あなたからみると、支払う借金金額が減ることに変わりはありません。

だから、弁護士から見たら、借金を抱えている人は「お客様」です。

なるべく減額し、早く問題解決したいと思っているので、利害関係は一致します。

借金を抱えている人を助けることが仕事なので、頼りにすればよいでしょう。

最初の相談料を無料にしても、借金で困っている人を助けて、一つでも多く仕事をしようとしているので、利用すればよいのです。

相談だけしてみて、違うと思ったら、依頼しなければいいだけの話です。スーパーの試食と同じですね。

また、専門家の相談と言っても、相手は人間なので、相性もありますが、気が合わないと思ったら、別の専門家に当たればいいだけです。

相手は人間ですが、この先も付き合っていく友達探ではなく、債務整理をしてくれるというサービスを提供してくれる人(業者)を選んでいるだけです。断る気まずさなどは、気にすることはありません。

うつ病だと思ったらやるべきこと

パソコンの前でうなだれる女性
うつ病で働けず収入が得られない場合は、借金返済が滞る心配があるでしょう。

うつ病を患う人は、まじめな頑張り屋さんタイプが多いので、少しは働けるという状態の時に、ただ頑張って返済を続けて、気がついた時には動くことすらできない状態になりかねません。

つまり、あなたが、やるべきことは、自分を責めることでもなく、無理して頑張ることでもなく、早めにSOSをだすことです。

債務整理をするにしても、相談したり、様々な手続きをしたりしなければいけないので、全く動けないと困った事につながる心配があります。

とりあえず、無料相談だけしてみるなど、早めの行動をとりましょう。動いてみると、少し気持ちが軽くなることもあるのではないでしょうか。

医師の診断を受けよう

体がだるく、何もする気が起きないし、ネットで調べたりする限り自分はうつ病に間違いないと思っても、様々な手続きをする際に、うつ病であることの診断書が必要となるでしょう。

もしかしたら、精神疾患ではあるけれど病名がうつ病ではない可能性もあります。

また、他の病気が原因で、薬を飲めばすぐに治る症状かも知れません。いずれにしても、医師の判断が必要です。病院に行くことは大事な費用としてねん出し、診断を受けましょう。

うつ病を金銭面から助けてくれる制度

お金
うつ病になってしまうと、借金問題は軽減されるにしても、働けない間の病院の費用の心配があるでしょう。そんな場合、利用することで金銭的に助かる制度はいくつかあります。

傷病手当金の申請

会社員で健康保険組合に入っている場合、傷病手当金というお金をもらうことができます。

これは、療養中の生活を守るためのもので、給料の約3分の2の金額がを最長で1年6カ月支給してもらえます。

申請の仕方は、医師と会社に申告書に記入をしてもらい、健康保険組合に提出する形となりますので、詳細は、健康保険組合に確認しましょう。

自立支援医療の申請

自立支援医療は、精神疾患の通院の自己負担を軽減してくれる制度で、一般的な3割負担の医療費が1割負担になります。

また、1か月の医療費の上限金額も定めてくれるので、かなりの医療費が削減されますが、症状によって、受給資格がない場合もあるため、医師へ相談してみるとよいでしょう。

申請の仕方は、市役所の窓口で書類をもらい、病院に書類の記載をしてもらい、必要書類をそろえて市役所の窓口に提出します。

借金がなくなってもその後の生活が心配

債務整理を行って借金がなくなっても、うつ病がすぐに治らなければ生活費をどうやって工面すればいいのか心配で、考えているとうつが悪化してしまう・・・

そこも心配はいりません。保険料を払い続けていたならば、障害年金を貰うことができますし、自己破産をして生活保護を受けることも可能です。

日本国民は、憲法第二十五条に書かれている「健康で文化的な最低限度の生活」を送る権利があるので、生活保護の申請が下りれば、ゆっくりとうつ病の治療をして元気になったらいつでも再スタートが出来るのです。

日本には、様々な制度があるので、お金の心配はそんなにしなくても大丈夫です。

まとめ

借金苦でうつ病になっても、手順を踏んで診断を受けたり申請をしたりすれば、普通に生活をしていけます。

思いがけずうつ病になってしまったことや、思うように出来ない事を悲観的に思う必要はありません。体調に気を付けながら、出来ることからはじめましょう。

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション
約2分・完全無料で、
借金がどれくらい減額されるのか診断できる
シミュレーションはコチラ
↓↓↓


こんな生活はダメ絶対!
極貧生活とはどんなもの?究極に苦しい貧乏生活を考えてみた
今どきの借金逃亡生活はどんなものなの?本当に借金から逃げられるのか?

借金問題を解決する!借金返済の基本と3つの手順
借金返済方法まとめのトップ > 借金苦でうつ病になったら、どうしたらいいの?

関連記事