HOME > 借金30万円の返済方法!返し方のポイントとヤバイ場合の対処法

借金30万円の返済方法!返し方のポイントとヤバイ場合の対処法

土下座してお願いする人

作成

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション

30万円という金額は、普通に働いていて毎月収入がある人にとってはそれほど大きな額ではないでしょう。

しかし、油断をすると危険な金額であると言えます。そこで30万円の借金の返済方法についてまとめてみました。

借金30万円の人って珍しいの?

自分が借金をしている金額を知人に話す人は少ないので、表向きは分かりにくいですが、30万円位の借金返済をしている人は意外と多くいます。例えば、ネット上でもこんなつぶやきを見かけます。

30万円の借金は、びっくりするような額ではありませんので、同類はたくさんいますし、解決策もたくさんあります。冷静になって返済方法を考えていきましょう。

元本30万円の返済額はいくら?

金欠女子
借金の元本が30万円の場合、利子はどのくらいついて、返済総額はいくらくらいになるのでしょうか?

消費者金融などからお金を借りる場合、利息制限法によって、金利の上限が決まっており、元本が10万円~100万円の場合は、年利18%までとなっています。

なので、元本が30万円で年利18%、毎月20,000円の返済をする場合、返済総額は342,415円で、18ヶ月(1年半)支払いを続ければ完成できます。

毎月の支払いを30,000円にした場合、返済総額は327,487円で、11ヶ月(1年弱)で完済です。返済総額も期間もだいぶ違ってきます。

30万円の借金返済のポイント

借入総額に関わらず、借金返済の基本は、「なるべく早く返済すること」です。つまり、元本を少しでも早く減らすことで、返済ボリュームが減り、完済までのスピードは速まります。

このことから考えると、借金額が30万円の場合、ベストな方法の一つは、「一括で返済してくれる知人を探すこと」です。

もちろん、タダで肩代わりしてくれる人はあり得ないので、借金の返済先が消費者金融からその人に代わるだけで、返済を続ける事に変わりはありませんが、利子を少なくしてもらう、もしくは無利子としてもらえることで、大幅な減額ができるのです。

30万円という金額は、人によってはすぐに用意できる範囲です。

お願いする人
両親、兄弟や親せき、付き合いの長い知人、会社の上司や社長など、身近な人でお金を貸してくれる人がいれば、勇気を出して相談を持ち掛けてみるのも一つです。

借金額がふくらみ、問題が大きくなっていくと、お金を貸してくれる可能性のある人はどんどん減っていきます。

頼れる人がいるのであれば、早い時期に行動することが最善の方法です。

しかし、この方法のデメリットとしては、肩代わりを頼む相手によっては、信用を失ったり、縁を切られたりという可能性があるということです。家族など、事情をよく知っている人であれば大丈夫な可能性は高いと思われますが、相手選びは慎重に行いましょう。

生活の見直しをする

毎月の返済額を少しでも多くするには、毎月の出費を抑える必要があります。

ちょっとした工夫で数千円の工面は出来るものですが、そのような無駄な出費はありませんか?

毎日缶コーヒーを1つ買っているなら、100円 x 30日 =3000円

飲み会1回我慢をすれば数千円は浮くので、これらの細かい事を積み重ねるだけの工夫でも、手元に残るお金は大分変ってきます。

稼ぎを増やす

肉体労働バイトに励む
アルバイトをして一時的に稼ぎを増やしてその分を返済に充てると言うのが最も現実的な方法です。

例えば、平日は仕事を持っている人でも、土日に時給900円の仕事を5時間づつやった場合、1カ月に36,000円の収入になります。

生活を変えずに1年以内で返済することも可能ですし、節約と合わせて毎月の返済額をよく4万円とか5万円とかに増やせば、さらに短期間で返済出来て、結果として、返済総額も少なくてすみます。

会社にアルバイトをしていることば知られるとまずい場合でも、30万円という金額であれば、副業が必要なことを相談してみるのも一つかと思います。

高給取りである場合、副業禁止というところはありますが、薄給のところであれば、事情を分かってくれる場合もあるのではないでしょうか。上司も人間です。

どうしても、会社にはばれたくない場合は、知り合いのところでアルバイトをさせてもらい、本業の会社にばれないようにしてもらうように頼んでみる方法があります。

いずれにしても稼ぎを増やせばそれだけ返済に回せるので、時間的、体力的余裕があるならば、働ける方法を探すことが大切です。

30万円の借金が1カ所でからではない場合

借金の総額が30万円であれば、工夫や一時的な努力をすることによって、一般的には完済できる事例が多くみられます。

しかし、30万円の借金が複数あったり、必要な別の出費が控えている場合は、危険信号が灯っている状態かもしれません。

継続的に借金返済していく計画を立てられない様であれば、のらりくらりと過ごしている事はよくありません。早めに専門家に相談して、ただちに、返済可能な状態にしないと、この先、苦しくなるばかりです。

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション
約2分・完全無料で、
借金がどれくらい減額されるのか診断できる
シミュレーションはコチラ
↓↓↓


こんな生活はダメ絶対!
極貧生活とはどんなもの?究極に苦しい貧乏生活を考えてみた
今どきの借金逃亡生活はどんなものなの?本当に借金から逃げられるのか?

借金問題を解決する!借金返済の基本と3つの手順
借金返済方法まとめのトップ > 借金30万円の返済方法!返し方のポイントとヤバイ場合の対処法

関連記事