HOME > お金を盗む方法とその代償と、リスクなしの解決方法

お金を盗む方法とその代償と、リスクなしの解決方法

財布からお金を抜き取られた男性

作成

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション

どうしてもお金が必要だけど、お金を稼ぐ方法が分からない・・・。お金を盗む方法ならあるのではないかと探していませんか?

お金を盗む方法は大きく分けて2種類があります。

「ひったくりや強盗など暴力によって力ずくでお金を奪い取る方法」と、「スリ・置き引きなど頭を使って人のいない隙にこっそりと行う方法」です。

※お金を盗んで逃げるのは無駄です。悪あがきしてもいいことはありません。
「今どきの借金逃亡生活」のリアル…借金からの逃げ切り

大金を盗むことはできるのか

大量の札束
お金を力づくで奪うことは、相手を傷つけたり死なせてしまうリスクがあります。事件化しやすく、跡もつきやすいため捕まる可能性も高くなります。

「銀座の宝石店の強盗」などの事件がたまに起こりますが、そのような事件は、組織で綿密な計画のもとに行われているので、素人が実行できるものではないでしょう。

個人が起こすレベルの強盗の場合、リスクが大きいのに奪ったお金が5000円ということもありえます。

こんな、バカみたいなことはないですよね。変な言い方ですが、「コスパが悪い」のです。

警察が機能していない発展途上国ならまだしも、日本で、お金目的で暴力行為をすることは、得策ではありません。

こっそりお金を盗むことはできるのか

自分一人しかいないところで、目の前に財布がおいてある場合、そこから、お金を盗み取ることは簡単でしょう。

空き巣の場合、長期旅行で家主がいないことが確実で窓が開いていたなどの侵入経路があれば、家に入り込むことができます。

最近では、シェアハウスなどプライバシーが緩い空間もありますので、そこにつけこんで盗みを働く人もいるようです。

スリにしてみても、防犯意識が低い人はいるものなので、タイミングがよければ、盗み取れることはできるかもしれません。

でも、いずれにしても、1回の犯行で大金を手に入れることは難しいでしょう。

数千円かよくても1万円が関の山です。例えば、飲食店でバイトをしているならば、レジのお金を盗んでしまおうか・・・という悪意がよぎることもあるかもしれません。私の身近で起こった横領事件はこんな結末を迎えました。

レジのお金を盗むとどうなる?警察につかまるの?バイト先の体験談

お金は盗んだ後が大変

頭を抱え込む男性
こっそりとお金を盗むことの難易度はそれほど高くありませんが、しばらくすると、盗まれたことに気づき、ことが大きくなっていくので、その後のほうが大変です。

防犯カメラがついていた・盗むところを見ていた人がいた・状況証拠ができたなど

お金を盗んだ後になって、苦しい状況になることが多いものです。

お金を盗まれた方にしてみると、最初は気のせいかと思い、気になるので調べ始め、犯人が特定できて怒りがわいてきて・・・と、徐々に核心に迫ってきます。

一方、お金を盗んだ方は、うまくいったと勘違いして、調子に乗って犯行を繰り返し、ボロが出て特定されて・・・と、だんだん気のゆるみが出て、捕まりやすくなるのです。

恨みが募るわけ

激怒する人
「お金を盗む」という行為は、たとえ少額であっても、恨みの感情を抱かれやすい犯罪です。

このご時世ですから、誰にとってもお金は生きていくうえで大事なものです。

それを、盗むという卑劣な方法で奪うわけですから、そのズルさに腹が立つのは当然です。

また、赤の他人であればまだしも、友達や会社の同僚など、知り合いのお金を盗むと、だまされた感・裏切られた感も倍増します。

当然ですが、人間関係は完全に崩壊します。

証拠が見つからずに警察に捕まることは逃れたとしても、疑いの目をかけられれば人は離れていきます。居づらくなって職場を辞めざるを得ないこともあるでしょう。

示談で済んだとしても職は失います。

刑罰を受けた場合、犯罪歴が残ります。盗んだ過去は消せないので、お金を盗んだことがある人として、「また盗むのでは?」という疑いの目から、一生逃れられません。

こんなにリスクがあるのに、盗みをしようと思いますか?

お金の悩みをリスクなしで解決する方法

お金を盗む方法を考える頭があるならば、リスクなしで、お金の悩みを解決する方法を考えるほうが賢いやり方ではないでしょうか?

借金返済のお金に困っているならば、「法律の専門家に、返済額を減らせることができないか考えてもらう方法」があります。

自分で考えるよりも、専門家のほうがたくさんの方法を知っていますので、使わない手はありませんよね。しかも、匿名で無料で利用できるので、家族に内緒で解決することもできます。

お金の問題は、根深くなっていることが多いので、お金を盗むことで臨時収入を得ても根本的な解決をしないと、苦しさから逃れられません。

現実的に考えて、1回で盗めるお金はたかが知れているので、問題解決になりません。

意味のない危険を冒し、犯罪者となり職を失うリスクをかけるのは、馬鹿らしいことです。

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション
約2分・完全無料で、
借金がどれくらい減額されるのか診断できる
シミュレーションはコチラ
↓↓↓


こんな生活はダメ絶対!
極貧生活とはどんなもの?究極に苦しい貧乏生活を考えてみた
今どきの借金逃亡生活はどんなものなの?本当に借金から逃げられるのか?

借金問題を解決する!借金返済の基本と3つの手順
借金返済方法まとめのトップ > お金を盗む方法とその代償と、リスクなしの解決方法

関連記事