HOME > 給料安すぎる!生活できない状態のボーダーラインはどこ?

給料安すぎる!生活できない状態のボーダーラインはどこ?

給料袋

作成

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション

「給料が安すぎて、こんなんじゃ生活できない!」とう声はよく聞きます。

でも実際にはどうかというところはいまいちわからないですよね。「苦しいのはみんな同じだから・・・」と安心していると、自分の状況は他と比べてもかなりまずい状況かもしれません。

人生、悪い時には悪いことが重なるので、お金に関しては楽観視はよくありません

そこで、給料が安すぎて生活できない状態のボーダーラインと対策についてまとめました。

安すぎる給料の実体

給料が安すぎると言っても、実際にどのくらいの収入の状態のことを言っているのでしょうか?口コミ情報をまとめてみました。

42才自営業で手取り22万円
夫26万円+妻パートで5万円
50歳会社員で手取り20万円ボーナスなし
47歳で手取り19万円ボーナス40万円
41歳で手取り27万円ボーナスなし
40歳で手取り20万円ボーナスなし 初任給手取り14万円

40代になっても収入が上がらないので、安すぎるのではないか・・・という声が多いようです。

20~30代であればフリーターの人などは月収10万円台は珍しくありません。正社員だとしても20万円台円半の人が多いので、「給料が少ないのはみんな同じ」という考えもある意味正しいと言えるかもしれません。

生活保護より安い給料の場合

給料が少なすぎて生活保護を受けるほうがいい暮らしがでいるのではないか?という状況も人もいるかもしれません。

労働条件があまりにも悪い場合は、とっとと転職しましょう。

技術や経験を身につけて、転職活動も頑張れば、生活保護よりもお金が貰える仕事は探せます。

また、もし、生活保護と同じくらいだと思って、会社が払ってくれている年金や健康保険料もありますので、実際は思っているよりはマシなこともあります。

楽そうだからと生活保護に逃げても、審査が通らない可能性がありますし、働いて自立した生活ができるように目指さなければならないので、マイナススタートになるだけです。

働くことができるのであれば、働いてスキルアップや給料アップを目指すことがよいです。

給料の安さと家族構成の問題

子供と家族
給料が安すぎたとしても、家族構成によっては、十分やっていけるケースと、生活破たんの危険があるケースとに分かれます。

例えば、子供が二人以上いて奥さんが働きにできることはできない場合、旦那さんの給料が少ないのは心配ですね。

さらに、子供が病気がちで医療費がかかるとか、家を買ってしまってローン返済しているとか、車がないと不便な地域て2台の車を保有しているなどお金がかかる事情が重なっているなら危険信号です。

最も安いコストで生活していけるボーダーライン

給料が安くても、生活コストが安ければ意外と生活していけます。ぎりぎり生きていけるボーダーラインはいくらくらいでしょうか?

一人暮らしの場合は、12万円位だと試算します。

内訳は、「家賃5万円・食費2万円・水道光熱費2万円・通信費1万円・雑費2万円」です。

もっと家賃の安いところはあると思いますし、単月で見れば、食費や雑費はもう少し抑えられると思いますが、家電が壊れたり、冠婚葬祭や急な出費を考えて、ならすとこのくらいがギリギリのラインでしょう。

これに加えて、交通費や医療費などがあったり、借金返済があったりすると、手取り20万円は欲しいところかと思います。

給料が安すぎることを放置するのは危険!

駄目!
「給料が安すぎる!」「生活できない!」と声を上げる人の多くは、そうはいってもまだ現状維持できる状態の人が多いかと思います。

文句を言う余裕がまだあるということです。

もっと危険なのは、それらの情報を眺めている人のなかにいるでしょう。本当に、もう、どうしようもない・・・という状態の人たちです。

文句を言える余裕がある人も、どうしようもない状態は突然訪れます。

来月から急に給料ダウンとか、不景気でパートを辞めざるを得なくなるとか、事故を起こしてしまい数十万円の出費だとか・・・。

そうなってしまうと、できることの選択肢が少なくなり、最悪の事態を免れることはできません。

給料が安すぎるという危険な状態であることを認識しているならば、愚痴を言って、どうしようもなくなるまで苦しさに耐えるのではなく、早めにできることの行動を起こしましょう。

何もしないのが一番よくありません。

夫の給料だけでは生活できないのは珍しくない

結婚している場合、残念ながら今の時代は、旦那さんのお給料だけで生活をしていくことは難しくなってきています。

共働きする人が多いです。子供を見てくれる人がいないとか、いい仕事がないとか、事情は色々あると思いますが、少しでもいいので奥さんも働くようにしましょう。

給料が安い時代になってしまったのですから仕方ありません。時代の変化についていくしかないです。

生活できなくなる前にやるべきこと

嘆く会社員
給料が安すぎると感じたら、まずは、収入を増やすことを考えましょう。

緊急を要するならば、副業しかないでしょう。日払いや週払いしてくれる短期アルバイトを探すのが一番現実的です。

転職して収入を上げることもよいですが、就職活動期間や今の仕事を辞めるまでの期間を考えると、数か月は必要です。

今月の家賃が払えないかもしれない・・・クレカ代が払えるかどうか・・・などの差し迫った状態の場合は、手遅れかもしれません。

払えない支払いが借金の返済であるならば、債務整理を検討するタイミングです。債務整理とは自己破産のことだと思っている人が多いですが、もっと簡単な手続きでできる任意整理となる人がほとんどです。

自己破産をすべきか任意整理で行けるのかは素人だと判断が難しいため、債務整理無料診断を試してみるとよいです。

債務整理無料診断では、法律の専門家が借金がどれだけ減るのかを計算してくれて、そのまま手続きをお願いすることもできるので、何もわからなくても大丈夫です。

生活ができない理由が、給料が安いだけでなく借金返済があることが原因であるならば、早めに債務整理相談をして、返せる範囲の返済にして、生活を立て直しましょう。

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション
約2分・完全無料で、
借金がどれくらい減額されるのか診断できる
シミュレーションはコチラ
↓↓↓


こんな生活はダメ絶対!
極貧生活とはどんなもの?究極に苦しい貧乏生活を考えてみた
今どきの借金逃亡生活はどんなものなの?本当に借金から逃げられるのか?

借金問題を解決する!借金返済の基本と3つの手順
借金返済方法まとめのトップ > 給料安すぎる!生活できない状態のボーダーラインはどこ?

関連記事