HOME > 廃棄食品をもらえるバイトは何?食費を浮かせるアルバイトの探し方

廃棄食品をもらえるバイトは何?食費を浮かせるアルバイトの探し方

弁当を抱える男性

作成

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション

アルバイト代で収入を得るだけでなく、アルバイト先のお店で扱っている商品の廃棄食品を貰うことができれば、食費が浮いて助かりますね。

昔は、飲食店やスーパー、パン屋、お総菜屋など食べ物を扱っているところであれば、割ともらえていた時代もあります。今思うと、ゆるくていい時代でしたね。

しかし、現在は、様々な理由から、廃棄する食品をスタッフにあげる店は少なくなってきています。

そこで、廃棄がもらえるバイトを探す方法から食費を浮かす方法について考えてみました。

なぜ廃棄食品をもらえなくなってきたの?

廃棄食品を大量に渡すと、自分で食べるだけでなく、転売を考える人がいます。商品をたどるとどこで販売していたものかを突き止めることもできますので、商品管理が徹底していないと悪いうわさが流れたり、安く売られることで、値崩れし、売上の低下が起こるのです。

また、どうせ廃棄するならとあげたものであっても、もらった人の家族が知らずに食べて食中毒を起こすことも考えられます。重症となった場合に、商品の管理責任を問われるのは店ですし、裁判で訴えられる可能性もありえます。リスクを考えると、簡単にあげられないですね。

とくに、最近では、SNSでなんでもすぐに広まります。ファーストフードやコンビニなどのフランチャイズ本部では、どこかの店舗で不祥事が起きると、ブランド全体に影響を及ぼすため、管理体制は厳しくなる一方です。

廃棄する食品を気軽にもらえていた時代ではなくなったと考えるべきでしょう。

店にとっては廃棄は出したくない

計算機
そもそも、店にとっては、廃棄は一つでも出したくない存在です。

廃棄になってしまうということは、原価の仕入れだけがかかって売り上げにつながらなかったということで、マイナス要素になります。

なるべく廃棄を出さないように、売り上げを最大化することが、店舗経営の目指すところなので、バイトが廃棄を喜ぶことは、店の発展を何も考えていないことになり、いい気はしませんね。

また、廃棄がいつもたくさん出るようなお店は、「発注管理ができていない。」「需要を読むのが下手」ということで、すぐに経営に行き詰まるかもしれません。

お店の経営が上手くいっていなければ、バイト代も十分に出せなくなります。

廃棄食品を貰えても、時給が下がってしまっては、意味がなくなってしまいますね。

廃棄食品をもらって食費を浮かす方法

総菜や弁当などの加工食品や、肉、魚、野菜などの生ものは賞味期限が短いです。期限を過ぎると、品質に問題があるだけでなく、腐って食べられなくなります。冷凍しておくことも難しい商品も中にはあります。

アルバイトのシフトが連日入っていて、毎日のように少しづつもらえるとよいですが、何をどれだけもらえるかは分からず。冷凍保存できるものであるかも分からないとなると、持ち帰る食品は食費を浮かすことには必ずしもつながらないかもしれません。

お弁当をもらえると1食分がうく感じですが、お弁当の専門店であれば、注文が入ってから揚げたり詰めたりして、なるべくロスができないようにする店がほとんどです。

スーパーやコンビニでも、売れ残りそうになると値下げのシールが張られ、売り切ることが多いでしょう。

値引き額に関しても、半額以下などかなり値引いた金額になっている商品もよく見かけます。

それでも売れ残っているものは、食費の足しにはならなそうな癖のある調味料や怪しいおつまみなど、訳あり品も多いのではないでしょうか。

食べ物をもらえれば嬉しいですが、お腹の足しになるものや美味しいものがもらえる確率はそれほど高くないかもしれません。

まかないで食費を浮かす方法

まかない飯
食費を浮かすことが目的であれば、廃棄食品をもらうよりも、賄いつきのバイトを探す方が満足感は得られそうです。食事の支給があるかどうかは求人情報の募集要項に記載されていますね。

私は、学生時代に喫茶店でアルバイトをしていた時、昼時のシフトに入れる日は賄いランチを作ってもらっていました。

家族経営のお店で、オーナーの奥様が料理をしてくれていたのですが、食べることが大好きなぽっちゃり体型家族の方だった為、1人前の量がすごく多く、しかもおいしいので、だいぶ太ってしまいました。

賄いのを食べれば1日、他に何も食べなくてもいい位だったので、食費は浮いていたように思います。

しかも、仕事と食事がアルバイト先でさっと済むので、時間も効率的に使えていました。

狙い目としては、美味しい料理屋さん、オーナーや店長が太めのお店がいいですよ。

差し入れをもらいやすくする

その喫茶店は、年配のお客様が多く、大学生の私は孫のような存在でした。真面目にバイトに取り組んでいたので、かなりかわいがってもらっており、ちょっとした差し入れはちょくちょくもらっていました。

クッキー、総菜、旅行のお土産、まつたけ、サッカーのチケット、腕時計、洋服・・・。

一人暮らしの学生ということが知られていたので、食べ物はいくらあっても困らないだろうと思ってもらっていたのだと思います。

食品を貰えると助かることをさりげなく伝えておくと、このようなチャンスがあるかもしれませんね。

また、とにかく一生懸命働くのは大切なことです。働いて、人にたくさん与えていると、自然と必要なものを貰える機会が巡ってくるように思います。

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション
約2分・完全無料で、
借金がどれくらい減額されるのか診断できる
シミュレーションはコチラ
↓↓↓


こんな生活はダメ絶対!
極貧生活とはどんなもの?究極に苦しい貧乏生活を考えてみた
今どきの借金逃亡生活はどんなものなの?本当に借金から逃げられるのか?

借金問題を解決する!借金返済の基本と3つの手順
借金返済方法まとめのトップ > 廃棄食品をもらえるバイトは何?食費を浮かせるアルバイトの探し方

関連記事