HOME > レイク返済方法ガイド!コンビニや振込など多様な返済方法があって便利

レイク返済方法ガイド!コンビニや振込など多様な返済方法があって便利

ATM

作成

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション

「レイクからの借り入れしたけど、どう返済するのがお得なのかな?」「レイクの返済が苦しい・・・いい返済方法がないだろうか?」などと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

レイク返済方法には、手数料がかかる方法とかからない方法があります。金欠状態で1円でも無駄にしたくない時は、少し手間がかかっても出ていくお金を少なくしたいときはありますよね。

そこで、レイクの返済方法として知っておくべきことをまとめました。

レイク返済方法の種類

レイクの返済方法は以下の方法があります。

  • web返済
  • レイクATMによる返済
  • 口座自動引き落としによる返済
  • 提携ATMによる返済
  • 銀行振り込みによる返済

それでは、それぞれの返済方法についてみていきましょう。

web返済

会員ページにて、三井住友銀行・りそな銀行・楽天銀行・ゆうちょ銀行などのインターネットバンキングを登録すると手数料無料でできる返済方法です。

インターネット環境があれば、パソコン・スマホなどをつかって、24時間365日、いつでもどこでも返済できるので便利です。

利用できる金融機関も多数あり、銀行だけでなく、信用金庫・労働金庫や信用組合でもつかえるところがあります。

レイクATMによる返済

日本全国にあるレイクATM(カードローン専用ATM)を操作して行う返済方法です。
⇒全国のレイクATM検索はこちら

レイクATMが使える時間は、平日・土曜日が7:30~24:00、日曜祝日が7:30~22:00、毎月第3日曜日が7:30~20:00で年中無休です。ただし、一部のレイクATMでは利用できる時間が異なる場合があるの注意が必要です。

手数料は無料で、夜間や休日でも利用できるので、かなり便利ですね。

レイクATMの機能として、硬貨のお釣りに対応している為、通常の返済だけでなく一括返済も可能です。

また、カードを忘れてしまった場合でも、「登録電話番号・生年月日・カード暗証番号」が分かれば利用することもできます。

口座自動引き落としによる返済

事前に銀行口座などを登録していくことで、毎月自動引き落とししてくれる返済方法です。

手数料無料ですし、うっかり返済忘れをする心配もないので、お金に余裕のある人は自動引き落としにしておくのが一番楽でしょう。ただし、口座の残金不足には注意が必要です。

提携ATMによる返済

コンビニなどに設置されている提携のATMからできる返済方法で手数料は無料です。

提携しているATMは以下の通りです。(2018年3月時点)

  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • イオン銀行
  • イーネット
  • ゆうちょ銀行

コンビニであれば24時間利用できますが、ATMの種類や設置店舗によってはメンテナンスなどの休止時間があるので、注意が必要です。

銀行振り込みによる返済

指定の口座へ振り込みによっても返済可能です。

インターネット振り込みなどを利用すれば自宅にいながら返済できますし、銀行ATMや銀行窓口からも振り込めます。

インターネットバンキングなら、24時間365日どこからでも返済できることがメリットですが、各金融機関所定の振込手数料がかかります。

手数料無料で返済したい場合は、振込手数料が無料になる銀行口座を用意する必要があります。

例えば、住信SBIネット銀行・新生銀行・ソニー銀行は、条件に応じて月1回以上他行あて振込手数料が無料になります(2018年3月時点)ので、これらを上手く使うとよいでしょう。

手数料を無料にする返済方法

返済時にかかる手数料を無料にする方法は、「web返済」「レイクATM」「自動引き落とし」「提携ATM」です。

口座振り込みによる返済方法では、基本的に振込手数料がかかります。

例えば、みずほ銀行の他行あて3万円以内の振込手数料は以下です。(2018年3月時点)

ネットバンキング216円
テレホンバンキング432円
ATM(現金)432円
ATM(キャッシュカード)216円
店頭窓口648円

返済期間が2年間(24回)で、毎回窓口で返済したとすると、648円 X 24回 = 15,552円かかります。

意外と馬鹿にできない金額になりますね。

返済が間に合わなくて、現金をかき集めて銀行窓口に駆け込む・・・という返済方法を続けていると出費がかさむので、根本的な見直しが必要かもしれません。

返済ができない時はどうしたらよいのか?

レイク返済ができない時、黙って長期間返済が滞ることは絶対によくないです。

確実に収入が上がる予定があるなど、はっきりとした解決策がないのに、ずるずると返済できない状態を続けていても自分がどんどん苦しくなるだけです。

なので、毎月の返済が厳しい場合は、早めに専門家に相談することをおすすめします。

一人で悩んで状況を悪化させる前に、専門家に相談しましょう。

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション
約2分・完全無料で、
借金がどれくらい減額されるのか診断できる
シミュレーションはコチラ
↓↓↓


こんな生活はダメ絶対!
極貧生活とはどんなもの?究極に苦しい貧乏生活を考えてみた
今どきの借金逃亡生活はどんなものなの?本当に借金から逃げられるのか?

借金問題を解決する!借金返済の基本と3つの手順
借金返済方法まとめのトップ > レイク返済方法ガイド!コンビニや振込など多様な返済方法があって便利

関連記事