HOME > やりくりができないのはなぜ?お金がない時のやりくり方法はコレ

やりくりができないのはなぜ?お金がない時のやりくり方法はコレ

財布を開けたらお金がない

作成

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション

お金のやりくりができていないと、貯金を切り崩して使うか借金をして使えるお金を増やすしかありません。

でも、貯金を使うにしても借金をするにしても限界があります。

なんとかなっているうちに、やりくりが正常にできるようにしないと、自己破産・夜逃げ・自暴自棄になる・生活保護に頼らなければならない・犯罪を犯してお金を奪おうとしていまう等々、不幸な結果を招いてしまう可能性もあります。

そこで、お金がないときにやりくりをする方法についてご紹介します。

生活にかかる費用を把握しよう

いわゆる「家計簿をつける」ということが、この類なのですが、そこまできっちりとした把握ができなくても構いません。大雑把でもポイントが抑えられていれば大丈夫なのです。

でも、全く把握していない人は意外と多いものです。

私の夫もそうなのですが、「お金をいくら使っているか把握したくない」という拒否反応を持っている人がいるように思います。

これは、お金の入手方法に問題があります。

今の時代、コンビニに行けば簡単にお金が引き出せてしまいます。なので、足りなくなっら5000円、1万円と、まるでATMが無限の自分のお財布であるかのような使い方をしていませんか?

けちってちょびちょび使っているつもりでも、全体像を把握していないと、使いすぎになりがちです。人間は欲望に弱いので、「足りなくなったらまたATMからおろせばいいや」と思っていると目の前の小さな欲求に勝てないのです。

そして、欲望をまったくコントロールできていないのに、ちょびちょびお金をおろしているから、「節約できている」と勘違いしているのです。

まずは、その勘違いをはっきりさせる必要があります。本当は、何にいくら使っているのか?という現実に向きあう必要があります。

使うお金の把握ができない限り、いくら大金が入ってきても、お金が足りなくなる可能性が大きいです。

世の中には、魅力的で高額なものがたくさんあるので、お金があれば、数十万、数百万、数千万円なんて、すぐに使えちゃいます。

なので、とにかく、「毎月、自分は、何にいくらくらい使っているのか」を明らかにしましょう。

そこで、私が実際に行っている2つの生活費把握方法をご紹介します。

封筒を使った生活費の把握方法

やりくりレシート
ATMの脇に置いてある封筒を1枚用意します。お金をおろしに行ったときに捨てずにとっておきましょう。

で、とにかく、お金を使ったらレシートを必ずもらうようにして、1か月間封筒に貯めていくのです。

レシートを何日間もお財布の中に入れておくと、お財布がパンパンできたなくなり、レシートをもらうことが嫌になってきてしまいますので、必ず、毎晩寝る前の儀式として、今日もらったレシートをお財布から封筒に移す作業を習慣づけるとよいです。

割り勘をしてレシートがない場合は、メモ用紙に日付と内容と金額を記入して代用しましょう。例えば、「12月10日(水)居酒屋 5000円」というかんじで書けばOKです。

1か月経ったら、レシートを集計してみましょう。

まずは、レシートを1枚づつ見ていき、食費、交際費、日用品費などに分けていきます。細かくすると面倒なので、私の場合は、1枚のレシートに食費と日用品費が混ざっていても、大部分を占めているほうの分類として仕訳していきます。

どこまで細かく分けるかは人によるので、自分にあったやり方をすればいいでしょう。外してはならないのは、合計いくらか?ということですので、分類分けはしなくてもよいです。

ただし、なぜ出費が多かったかの原因が分からないのでは意味がありません。

「飲み会が6回もあったので4回に抑えるようにしよう」とか、「服を買いすぎている」「ゲームの課金が多すぎる」などの、使いすぎていて減らせる項目を探すことが目的です。

この封筒を使った生活費の把握は、3か月も続けてみると、だいたいの平均的な出費の動向が見えてきます。

ざっくり計算による生活費の把握方法

家計簿のやりくり計算をする女の子
レシートを集めたりまとめて計算することが面倒であれば、毎晩寝る前に、その日に使ったお金をエクセルに入力する方法もあります。

表計算ソフトの自動集計機能を使えば、自分で手計算をする手間が省けます。でも、エクセルを使うのが面倒な場合は、スマホのテキスト機能に音声入力するとかでもよいでしょう。

時間が経つと、何にいくらお金を使ったかは忘れてしまうので、毎日、簡単な方法で記録をつける必要があります。

きっちりやろうとすると大変なので、金額と内容はざっくりでも大丈夫です、それよりも、毎日記録する習慣にすることが大事です。そのほうが算出漏れが少なくなるからです。

私の場合は、レシート保管と合わせてエクセルに入力もしているのですが、細かい数字が面倒なので、846円のレシートは900円ということで入力しています。

ポイントは必ず多めの金額で簡略化することです。846円を800円で計上する調子で続けると、1か月の誤差が1万円単位で出てしまうことがあります。

そうすると、使途不明金が毎月何万円にもなって、どうやって節約したらいいかも分からないですし、家計簿をつけるのもバカらしくなってきてしまいます。

少なめに計上しておけば、お金に余裕ができるようになって、嬉しい気持ちになってきます。

参考までに私が把握している生活費はこんな感じです。

食費2万円
外食費1万円
娯楽費(遊びに行った費用)1万円
日用品費5000円
服飾費5000円

生活費に対する考え方・行動の仕方

生活費の金額が算出できたら、それを見て、どう考えるか?どう行動するか?ということが大事です。

お金のやりくりが苦手という人は、「食費5万円か多いけどお腹すくからしょうがない」と思考停止しています。やりくりするとは、必ずしも、我慢したり苦痛を伴うものではありません。どっちでもいいものの中から安くて金銭的に余裕ができてうれしいものを選ぶことだったりします。

私は節約ややりくりをして安上がりにできると嬉しい方ですが、その時の気持ちとしては、働いてお金をもらったときと同じような嬉しさがあります。手元にお金ができるという意味では同じですよね。

節約が楽しくなると、やりくりの幅が広がります。お金に余裕をもたせたいならば、節約好きになれると効果的です。

そこで、参考までに、私が、生活費に対して、頭の中でどう感じて→考えて→どういう行動をしているのかについて、ご紹介します。

通信費

スマホやネットの通信費もかかっていますが、だいたいいつも同じ金額なので、家賃や光熱費と同じく固定費として考えています。

出先でのスマホの使用頻度が高かった時は、スマホ代に1万円以上掛かっていた時もありますが、wi-fiとガラケー持ちにしていた時期もあります。今は、キャリア携帯ですがほぼ家族内通話として使うことが多く、ネットは光回線を利用して、スマホでネットを見るのは家の中だけでとしています。

なので、電車の中でスマホを見ることもありません。でも、無駄な時間だと思って断捨離しました。人によって譲れないものもあるかもしれませんが、年間10万円以上の価値があるとは思えなかったので、今はこのスタイルに満足しています。

通信費が大きい人は、便利さやエンタメ性を優先しているからだと思いますが、スマホ代は月2000円ぐらいの人も意外といます。固定費は一度決めてしまうと、なかなか変えられないので、自分の常識をちょっと見直してみて、本当に必要な機能かどうかを考えてみるとよいでしょう。

光熱費

水道代・電気代・ガス代は、無駄遣いしすぎないレベルに落とせているので、季節の変動を多少気にする程度となっています。

冷暖房を使う時期が来たら、電気代の明細書を確認してちょっと気にする感じです。

例えば、冬は11月頃から暖房器具を使い始めます。そこで使いすぎる癖がつくと、まだまだ寒い冬を乗り切れなくなるので、控えめに使うように心がけます。

方法としては、自分一人の場合、部屋全体を温めるのではなく、自分が暖かければよいので、小さめのヒーターを近くにおいて、こまめにつけたり消したりしています。

電気代の明細を見て、ちょっと多いなと感じたら、ひざ掛けを使ったり、厚着をするようにします。時にはあったかソックスを買ったりして、その時の出費は増えますが、電気代は何か月か続くことなので、バランスを見て、必要なものにお金をかけるようにします。

ガス代の節約には、お風呂に入る回数を減らすと効果的です。冬場は毎日お風呂に入らない人って結構いるんですよ。

私も、外出をしなかった日などは、入らない場合があります。追い炊きもガス代がかかるので、家族みんなが短い時間内にまとめて入るようにするのも効果的です。

日用品費

日用品費は月によってばらつきがあります。2万円使う時もあれば、0円の時もあります。でも、我慢しすぎるのではなく、ならして5000円位になるように数か月単位の目安としています。

方法としては、すぐに買うのではなくで、数日間は考えることです。すると、「どうしても必要なモノ」は少ないので、我慢というわけではなく、苦痛なく、「やっぱり必要ないかな?」と気が変わることがほとんどです。

とくに、家電類はよさそうなモノが多いので、買おうかと思うことがよくありますが、本当に欲しいものは意外とありません。

「勝手も使わないかな~」「やっぱり、あんまり意味ないかな~」と思うものばかリです。いいものがあれば買いたいんですけどね。

娯楽費・外食費

娯楽と外食は、行く回数によって差が出るので、遊び過ぎにならないようにざっくりと気にしています。

でも、その時期にしか楽しめない季節の行事などもあるので、お金のやりくりのために約束をキャンセルしたり、行きたいけどお誘いを断ることはありません。

外出や娯楽のの回数を減らすのではなく、1回にかかる出費を抑えるようにします。例えば、昼も夜も外食をするような遊び方ではなく、昼過ぎに待ち合わせて外食を1食にするとか、3次会は行かずに2次会で帰るとかです。

また、自分一人の外食は、家に帰ってから食べるようにするとか、お弁当を持っていったり、軽食ですませて夜ご飯をしっかり食べるなど、コントロールしやすいのでしょう。

外食はくせになるので、基本的にはあまりしないようにしています。外食には場所代や人件費がかかっているので、どうしても高くなります。美味しもの・栄養があるものを食べたいなら、家で食べるほうが割安です。

でも、雰囲気や、便利さが必要な時は、外食も必要です。メリハリをつけて、出費を抑えつつ、楽しみを味わえるとよいですね。ストレスをためすぎると爆発して買い物で発散しようとしてしまう危険があるので、我慢しすぎず、これならいいかな?と思える別の安い方法を考えるとよいです。

食費

食費は一番コントロールが難しいですが、一旦抑えられるとある程度の範囲内での変動に収まってきます。方法としては、食べすぎを抑えたり、おやつをやめたり、高いお店で買わないようにすることです。

私の場合、食費が多くなりがちな時は、変わった食材を色々買った・便利さのためにレトルト食品や総菜を買う機会が多かった・乾麺や調味料などストックが増えて食べきってはいない・スイーツなどの娯楽費にちかい出費が増えたなどの傾向があります。

なので、これらを減らして、ヘルシーで簡単に調理できるものを多く食べるようにしたり、ストックがたまっている食材を使い切るようなメニューを考えたりします。食べ残して処分するものが多い人は、食費の無駄が多いことになります。

安くても美味しいものはありますし、食べすぎて太るのは健康によくないので、食費を適正に抑えることはよいことばかりです。私の場合、食費が安く抑えられるときは、ベスト体重が維持できて、肌荒れも少ないという嬉しいおまけ付きなので、やりくりをする楽しみも大きいです。

出費を最安値に抑える方法を知ろう

スマホでネット検索をする男性
生活の出費を安く抑えるためには、節約に興味を持って、節約方法を知ることが大事です。

苦痛なく出費を減らせる方法があれば、誰だってやりますよね。お金に余裕があるほうがいいに決まってます。それなのに、やりくりできない人が多いのはなぜでしょうか?

それは、出費を安く抑える方法があまり分かっていないからではないでしょうか?ある意味、情弱ということです。

例えば、私が知っているやりくり方法では、食費を1か月に5000円程度にすることができますし、実際にやっている人を知っています。

だから、1か月の食費が5万円かかっている人は、絶対にやりくりのしようがあると思うのです。だって、同じ人間で10倍も食べる量が違うことはあり得ませんよね。

だけど、食費は5万円位はかかるものだと思い込んでいると、わずか数千円の出費を減らすことも苦行に感じてしまうかもしれません。

5000円でやりくりしている人がいると思えば、なんてことはないですよね。むしろ、あまりにもかけ離れているので、自分がおかしいから、少しは下げよう(食費を減らしたい!)という気持ちになるかもしれません。

出費を抑える方法や、最安値でどのくらいでやりくりできるものか?という情報を知らないことは、節約の可能性を狭めてしまうことなのです。

情報を収取するためには、ネットで節約の方法を調べたり、節約生活を公開しているブログを読んだりすることがおすすめです。

便利なことや新しい発見を見つけることは楽しいので、やってみるとよいでしょう。

高価なモノと安価なモノの違い

買物しすぎの女性
世の中には、高価なモノや¥も安価なモノもいろいろありますが、安いものは必ずしも悪ではないと思っています。

例えば、高級魚のノドグロ。脂がのった白身魚の王様で美味しいですよね。1匹数千円するものもあります。でも、1缶100円程度で買えるサバ缶も私は大好きです。

毎日ノドグロを食べられないなんて嫌だ!とは思いません。お金に余裕があって食べたい気分の時に食べられれば満足で、お金がないなら他の白身魚とか、脂ののった鮭で十分代りがききます。

今の世の中はモノの種類が豊富で、高価なモノも安価なモノも種類が豊富なので、選びたい放題です。ちょっと調べれば、安くて気に入るモノがあるのではないでしょうか。

お金がないのに高いモノをかって苦しい思いをしている人は、リサーチ不足ではありませんか?

皆に人気がある流行のモノは高くなる傾向があるので、お金がない時は、人の意見に流されずに、自分にとって本当に必要なモノだけを見極めるようにすれば、そのものの価格よりも割高になっている買物を避けることができます。

また、目的を失わないようにすることも大切です。

おしゃれな雰囲気でデートしたい場合、高級レストランで食事をすると費用は高くなります。でも、高級な雰囲気だけ味わいたいならば、ホテルのラウンジでコーヒーだけ飲んで食事はコスパのいいところにするとか、無料で利用できる雰囲気の良いデートスポットを探すとか方法はいろいろあります。雰囲気が必要であれば、食事をすることは必須ではないですよね。

お金がたくさんあるならば高いモノを選ぶのもよいと思いますが、お金がなくて困っているのに、無駄に高いモノを選ぶのは賢い選択ではありません。

高価なモノと安価なモノの違いをしっかりと判断して、自分の価値観で必要なモノ選びをしましょう。

やりくりができない2つの原因

うなだれる女性
お金のやりくりができない理由は2つしかありません。「(贅沢をしていて)出費が高いまたは」「収入が少ない」のどちらかです。

出費をできるだけ抑えていても、お金が足りないのであれば、収入を増やすしかありません。

簡単にできる方法としては、アルバイトをすることです。でも、ずっと続けられますか?毎月数万円のバイトだって、それなりに大変です。足りないお金はそれで十分に賄えますか?それに、仕事がずっとあるかもわかりませんし、ずっと健康で働けるかどうかもわかりません。

残念ながら、そう簡単に増やせないのが収入でしょう。

となると、やりくりができていないならば、はやめに手を打たないと、ずるずると状況は悪化するばかりです。

家賃が半額以下になるようなところに引っ越せるとか、食費を数万円削れるめどが立っているなど、できることがはっきりとしていないならば、漠然と節約をして、少しずつ家計を立て直すというのは、場合によっては時間がかかりすぎます。

借金返済などでその間にも利子が増えたりするなら、ちまちまと努力をするのは、時間の無駄だったりもします。

なので、やりくりができていなくて毎月赤字生活になっているなら、専門家に相談する必要があります。

相談する場所は、借金がないなら、役所の窓口です。各種手当や支援制度がありますので、助けを求めましょう。日本国民であるならば、健康で文化的な生活を送る権利がありますので、安心して相談すれば大丈夫です。

借金がある場合は、債務整理無料相談を利用しましょう。これによって、減らせる借金あるかどうか?いくら減額できるのか?を調べてもらえます。出費が減れば現状の生活費でもやりくりができるようになりますよね。

とにかく、入ってくるお金よりも出ていくお金を少なくしないと危険なのです。

多少の貯金があるからと先送りしても、問題解決はしません。

借金を減らせる場合、後伸ばししたところで、ギリギリまで耐えて苦しむだけ損とも言えます。

早めに行動して、一日でも早く、お金のやりくりが正常にできている状態を取り戻しましょう。

※360万円の借金が120万円に減った事例とその方法⇒無料借金減額シミュレーション
約2分・完全無料で、
借金がどれくらい減額されるのか診断できる
シミュレーションはコチラ
↓↓↓


こんな生活はダメ絶対!
極貧生活とはどんなもの?究極に苦しい貧乏生活を考えてみた
今どきの借金逃亡生活はどんなものなの?本当に借金から逃げられるのか?

借金問題を解決する!借金返済の基本と3つの手順
借金返済方法まとめのトップ > やりくりができないのはなぜ?お金がない時のやりくり方法はコレ

関連記事